iQubiq

Eternal carbon(S-DLC)総代理元・販売元

株式会社iQubiqは、セグメント構造を特徴とするダイヤモンドライクカーボン(S-DLC)の普及・製品化を目的として設立されました。S-DLCは、東京工業大学の大竹尚登教授によって発明され、同大学発ベンチャーである株式会社iMottが応用技術を研究・開発しています。
株式会社iQubiqは、この技術及び製造装置に関する特許を取得し、S-DLCを『Eternal carbon』と名付けました。

株式会社iQubiqは、世界オンリーワンの技術を活かし、ユーザーの皆様のお役に立てるよう、情熱を持って製品創りに邁進致します。

会社名

株式会社iQubiq(アイキュービック)
英文表記:iQubiq Inc.

代表者

代表取締役社長 松尾 誠

設立年

2011(平成23)年12月1日

資本金

900万円(2014年7月1日現在)

本社所在地

東京都大田区山王二丁目1番地8号 山王アーバンライフ1211号室

iMott東京研究所

東京都大田区大森南四丁目6番地15号 テクノフロント森ヶ崎402号
www.imott.co.jp

受賞・表彰/マスコミ報道歴(2010年以降/iMott含む)
2012年
「複雑形状へのテクスチャーDLC膜の作成」
第32回応用物理学会講演奨励賞
2010年
「3次元基材へのテクスチャーDLC膜合成法の開発」
日本機械学会若手優秀講演フェロー賞
2010年
日本機械学会機械材料・材料加工部門 部門賞(国際賞)
関連リンク
iQubiq Inc. FACEBOOK
創形力学分野(大竹・赤坂研究室)
(一社)ニューダイヤモンドフォーラム